Q.バームとオイルの違いとは?

髪と頭皮のQ&AFeb 28 2020

数年前からツヤの出るスタイリング剤が増えてきましたね。

 

その中でもバームとオイルの2種類が現在人気です。

 

どちらも油を使用しているスタイリング剤ですが、どのような違いがあるのか説明します!

 

 

バームとは?


 

 

バームは天然の脂質やオイルが固形状になった物で、手の熱で溶けて液体になります。

 

ヘアスタイリングだけでなく、ハンドクリームやボディクリームにもなることのできる優れもの。

 

 

バームは種類によっても質感が微妙に違います。

 

 

ちょっと重たく仕上がるタイプと

 

 

割と軽めなタイプもあります。

 

 

パッケージに重め軽めと明記している物は少ないのですが、それぞれ商品によって微妙に差があります。

 

 

 

ただどちらもウェットな質感でオイルに比べて、少し重ためな仕上がりになります。

 

 

ツヤを出したいショートやボブ、パーマスタイルに適しています。

 

 

毛量が多く広がりやすい髪質の方は特におすすめです。

 

 

 

 

こちらのモデルさんは広がりやすい髪質ですが、バームでスタイリングする事でコンパクトにおさまっています。

 

 

ただ髪が重くまとまるので、サラサラな質感にしたい方には不向きです。

 

 

 

 

 

 

 

オイルとは?


その名の通り液体のオイルです。バームに比べるとサラッとした仕上がりになります。

 

 

オイルにも軽めと重めのタイプがあります。

 

髪の毛が細い方は軽めのオイル、少しパサつきやすい方は重めのオイルがオススメです。

 

重めのオイルでもバーム程重くはありません。

 

 

 

こちらのミディアムの外ハネボブ。

 

重めのオイルでスタイリングしてます。

 

毛束が出来ていますが、重すぎずサラッと感は残っています。

 

 

触っても少ししっとりしていますが、バームよりは軽い仕上がりです。

 

 

 

 

 

大きな違いは質感


 

 

 

質感的には 軽めのオイル < 重めのオイル < バーム の順にウェットで重たくしっとりした仕上がりになります。

 

 

バームもオイルもどちらもオイル系のスタイリング剤なので、好みの質感に合わせたり、自分の髪質にあった物を選びましょう。

 

 

 

 

渋谷へお客様の写真を見に行って来ました。

こんにちは。当山です。

 

 

こないだのお休み。

 

いつもお世話になっているお客様方の写真の展示を見に行ってきました。

 

 

その内の一人は以前ラジオにも急遽出てくれた「ツッチー」。

 

 

当時は相当暇だったのですぐ来てくれました

 

 

実は月に2回は飲みに行っている仲なのです。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

展示している皆さんの作品、どれも素晴らしかったです。

 

 

 

 

そしてなんと。。。

 

 

 

 

こんなところに。。。ありがとうございます。でも無許可ですよ。

 

 

3月1日までやっているので、お時間ある方は是非!

 

img#1

多毛さんのカットアプローチ

ブログFeb 02 2020

今回は多毛のお客様へのカットアプローチを色々書いていきます!

 

 

 

以前アップした動画。

 

 

 

 

 

 

最近こちらの動画経由でご新規のお客様が立て続きにご来店いただいております!感謝!

 

 

 

多毛のお客様によく聞く失敗談としていくつか挙げますと。

 

 

 

1.すきバサミで梳かれすぎて毛先がスカスカになってしまった

2.内側をザクザク切りすぎてピンピンと毛が立ってしまった

3.前髪を増やしすぎて、前髪重くなりすぎた

4.癖っ毛で梳きすぎたら逆にボリューム出ちゃった

 

 

多毛の方は、毛先が軽くなりすぎて苦い思いをした経験方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

また、多毛と一言で言っても髪質などは人それぞれ様々です。例えば

 

 

1.直毛、太くて硬い、多毛

2.くせ毛、太さ普通、多毛

3.直毛、細い、多毛

 

 

 

などなど、様々なパターンの多毛があります。

そして髪質状態によってカットの技術アプローチが変わってきます。

 

 

 

今回はこれまで動画にしてきた多毛さんのカットに沿って解説していこうと思います。

 

 

 

 

 

まずは

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭紹介しましたこの動画。

 

 

モデルさんの髪質は、太い、ほぼ直毛、そして毛量は。。。超多毛と言っても良いでしょう。かなり多いです。

 

 

 

今回は肩くらいで外ハネさせる切りっぱなしボブスタイルで行きます。

本来なら段をつけるカットの方が軽く見せやすいのですが、モデルさんとの相談で今回は段を入れずに行きました。

 

 

 

 

結構バッサリ切ります。基本的に髪の毛は、根元が一番多くて毛先になるほど軽くなって行きます。

 

 

つまりこのくらいバッサリ切りますと。。。めちゃ重くなります(笑)

 

 

 

乾かすと

 

 

 

 

 

 

このボリューム感。厚みが伝わりますでしょうか?

 

 

 

実はこれでもある程度濡れているときにスキバサミは入れた後の状態です。

 

 

 

個人的にはスキバサミはあまり多用しないのですが、直毛でかなり量が多い人に対しては、ザッと大まかにすきバサミを入れます。裏を返しますと、どんなに多毛であっても、癖っ毛の人に対して、スキバサミは使いません。(癖っ毛の人にすきバサミは相性が悪く、パサつきやすくなるためです。私は普通のハサミ、もしくはレザーで間引くように毛量調整します)

 

 

 

話がそれました。。。

 

 

 

ここからがドライカット。

 

 

 

超多毛の方はやはりある程度は根元の量感を減らないと、全体のボリュームは落ちません。。だけど根元からすきバサミでガッツリとかはイケマセン(笑)

 

 

 

根元は

 

 

 

 

 

 

 

間引くように取るべし!超多毛なのでスライスは薄めに取り、量感を見極めて、丁寧に減らして行きます。

 

 

 

 

 

 

仕上がり!いい感じに頭小さくなりましたね!

 

 

 

 

 

 

耳にかけてもこの通り。

 

 

 

 

次行ってみましょ!多毛さんいらっしゃ〜い。(三枝師匠風に)

 

 

 

 

 

 

 

こちら!こちらは多毛あるある。長さを伸ばして行きたいんでけど。。。軽くしたい。。。けど、すでに軽くしまくってて毛先スカスカ状態。。。

 

 

 

このパターン結構多くないですか?

 

 

 

今回はなるべく長さは切らずに、顔まわり、トップに段を入れて、なるべく梳かずににベースカットで軽くして、ピンポイントでボリュームを取る手法で行きます!

 

 

 

では!

 

 

 

 

ビフォアの毛先。毛先10センチほどがスカスカ状態

 

 

 

 

このケースの場合ドライカットで作って行きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も考えずに段を入れると取り返しのつかない事になる場合もあるので

 

 

 

 

 

気になるポイントは

 

 

 

 

 

サイドの厚み

 

 

 

 

 

ハチ周りのボリューム

 

 

 

 

 

 

そして耳裏のボリューム感

 

 

 

まずはハチ周りのボリューム退治として

顔まわりにハイレイヤーを入れます。これでハチ周りのボリュームは軽減されます。

 

 

 

 

 

 

 

そして全体の厚み除去

 

 

 

 

 

 

 

 

トップにも段を入れます。全体的な厚みが抑えられます。トップのみにだんを入れる事によりシルエットは変えずに厚み除去ができます

 

 

 

そしてここからが今回のキーポイント

 

 

 

耳裏のボリューム。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここです。耳裏のボリューム感は、イメージとしてとても頭を大きく見せてしまうのです。

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

 

 

もともと毛先スカスカなのでガムシャラに梳いてしまうと、より一層に裾が軽くなってしまいますので。

 

 

 

 

 

 

耳裏ピンポイントでボリュームを除去しようと思います

 

 

 

その方法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの三角地帯。ここのボリュームがいらないんです。

 

 

 

ここのポイントを

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと上に引き出して。。。

 

 

 

 

 

 

 

ガッツリと切り込みます。空間を開けるイメージです。真上に引き出す事によって。裾の厚みを残しつついらないボリュームをゴッソリとピンポイントで除去できるのです!!!

 

 

 

仕上がり

 

 

 

 

 

 

 

良い感じ!!!

 

 

 

今回のケースはとにかく元々、毛先がスカスカだったけど、長さは伸ばしたい!というワガママ。。。事だったのでこのピンポイント除去の方法論を取らせていただきました。

 

 

 

 

まだまだ行きましょう。多毛さんいらっしゃ〜い。(三枝師匠風)

 

 

 

 

 

今回のモデルちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり毛先スカスカ(笑)多毛あるあるです。

 

 

 

でも、今回のモデルさんはある程度長さ切って大丈夫とのことなので

 

 

 

 

 

 

Q.なぜ白髪はまとまって生えてくるのか?

髪と頭皮のQ&AJan 31 2020

髪の毛は細胞でできていて、髪の毛の生産には血液が必要です。

 

しかし、体の中で髪の毛の優先順位は低く、まず細胞の修復などに血液の栄養が使われます。

 

その後あまった血液で髪はつくられるので、栄養が不足していたり、血行不良が起こると健康な髪が生えなくなってしまうのです。

 

その為頭の血流が悪いところに白髪は固まりやすいとされています。

 

実のところ、白髪に関してはまだ解明されていない部分が非常に多いのです。

 

 

白髪に効果的と言われている食べ物


 

髪が黒く見えるのは、「メラニン色素」という黒い色素が入っているためです。

 

 

このメラニン色素は、体内の「チロシナーゼ」という酵素とアミノ酸「チロシン」が合わさることによって生まれます。

つまり「チロシン」は、黒い髪を作るための「色の元」となるアミノ酸。

チロシンが不足してしまえば、いくら髪が伸びても髪には色素が入ってくれず、色素の入らない髪=白髪が生まれてしまうことになります。

 

チロシンを多く含んでいる食品は

 

チーズ

魚卵(たらこ等)

ナッツ類(落花生・アーモンド等)

大豆食品

ちりめんじゃこ

鶏肉

 

 

チロシンを摂取する時の注意点


 

チロシンはメラニン色素を生成するアミノ酸。。。

 

という事はシミやソバカスの原因にもなってしまいます。

 

そこでチロシンを摂取するのは午後〜夜の間にしましょう。

 

摂取したチロシンが細胞に使われるまでには6~7時間程度かかります。

 

午後から夜に摂取をすればチロシンが体内で使われる頃には紫外線を浴びる心配がなく、シミやソバカスができにくくなります。

Q.段(レイヤー)をなくすには?

髪と頭皮のQ&AJan 29 2020

段(レイヤー)とは?


 

ヘアデザインにおいては、髪の長さを部分的にカットして段差をつけることを言います。上部を短く、下部を長くカットすることで段差が生まれます。

 

レイヤーにも様々な種類があります。

 

 

しっかり目にトップや顔まわりにレイヤーを入れているスタイルや

 

 

 

 

やや控えめにレイヤーを入れているスタイルなどなど様々です。

 

 

 

 

 

 

 

段(レイヤー)をなくすには?


段が入っている=上の髪が短く、下の髪が長い状態。

 

段をなくすには上と下の髪の距離を近づける必要があります。

 

なので

 

髪型の上の髪を切らずに伸ばす。

 

反対に下の髪を切る。

 

 

これが絶対に必要です。最終的には髪の長さを切らなければ、段をなくす事はできません。

 

 

 

 

 

 

段(レイヤー)を入れるとどうなるか?


 

 

段を入れる事により、頭がコンパクトになります。

 

そして削ぎに頼りすぎることなく全体の印象を軽く見せることができます。

 

削ぎを最小限にする事で、パサつきを抑える事が出来ます。

 

 

更に段が生まれる事で、髪に動きが出ます。パーマや普段から巻いている方はより立体感が生まれます。

 

 

 

ちなみに全くレイヤーを入れないスタイルをワンレングスと言いますが、日本人の髪質だと、重たく見えてしまう事が多いです。

 

 

レイヤー関係のことを↓の記事に詳しく書いてあるのでご覧になって下さい。

 

初めましての、お客様にとても多い事例と、髪の毛に段(レイヤー)を入れるということ。